Session Strings とVSLストリングスのチューニングがずれる件 [ja]

Answered

Comments

5 comments

  • Avatar
    Masako @ NI

    LogicでRecすると、「急に聴感上、チューニング上がってしまいます」という状態のまま録音されますでしょうか。つまり、Rec後、プロジェクトを再生すると、最初は正常だが途中から上がってくる、という状態で再生されますでしょうか。

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    卓也 青木

    Masako様 お世話になります。

    検証してみました。

    (Logicのプロジェクトのチューニング440Hz、KOMTAKTのMaster Tune440Hz)

    MIDIをRecしますと、音源のピッチが上ずる前なら、440Hzで再生され、

    音源のピッチが上ずったあとであれば448〜450Hzで再生されます。

    音源を読み込み直すと音源のピッチは正常に戻ります。RecしたMIDIも正常に440Hzに再生されます。

    しかし、30秒〜1分ほど音源を鳴らしていると(鍵盤を操作している場合も、RecしたMIDIを鳴らしている場合も)、

    突如ピッチが上ずります。

     

    補足としまして、一度モジュレーションホイールを修理しているため、MIDIコントローラーにも不安があります。

    修理後も、たまにピッチベンドが勝手に書き込まれていることもあります。

    しかし、上記で検証したように、ピッチベンドが書き込まれていない状態でも

    突如、音源のピッチが上ずってしまいます。

    音源を読み込みなおすと一時的には正常なピッチで発音されるので、原因はMIDIコントローラーよりも

    音源の問題のようにも思えるのですが、いかがでしょうか?

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Masako @ NI

    それでは、MIDIコントローラーの影響を受けていないか確認するため、以下の2点、ご確認ください。

    1. こちらをご参照頂き、MIDI MonitorをLogic起動時に同時に起動し、MIDIコントローラーから意図せぬタイミングでMIDI信号が出ていないかご確認ください。
    2. Kontaktプラグイン画面で、仮想鍵盤が表示されている状態にします。この時、鍵盤の絵の左端にピッチベンドやモジュレーションホイールが表示されます。音源を使用中、ここが勝手に動いていないかご確認ください。
    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    卓也 青木

    MIDI Monitorによる検証方法をご教示頂き、ありがとうございました。

    MIDI Monitorによって、常に「note on - C-2」の信号が出ていることと、

    ピッチが勝手に下がるときに「pitch control」の情報がMIDIキーボードから送信されていることも確認できました。

    また、MIDIキーボードを繋がない状態では、ピッチが勝手に変更されるエラーは起こらないことも確認できましたので、

    原因が音源ではなく、MIDIコントローラーのハードウェアにあると確認できました。

    ありがとうございました。

    青木

     

     

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Masako @ NI

    青木様

    MIDI Monitorで原因特定に至ったとのこと、ご連絡誠にありがとうございました。

    0
    Comment actions Permalink

Post is closed for comments.